ダイラケの面白さに気づく。

中田ダイマル・ラケットですね。

テンポが早い。当時であればかなり早い漫才ではないのかな。今でこそこれくらいの速さの漫才は通用しているが、、、とはいえ、この時代も売れていたコンビなので、疑いようもなく通用していたのだろう。どちらも喋りがうまい。海原千里万里とはここが違うのだろう。。。