台湾2日目の一部

さて、2日目を過ごしました。

昨日は台湾の友人に連れられてシンチュウこと新竹を観光してきました。

新竹は「風の城」といわれるほど風がビュービュー吹いている街で有名ですが、

本当にそのとおりでした。基本、移動はバイクの2人乗り。原付きの2人乗りは

初めての経験で、後ろに乗るのは最初非常に怖かったです。途中からは姿勢移動の

方法を覚えたので、なんともないどころか途中から景色や風の気持ちよさに

包まれたことを覚えています。

 

最初に海に行きました。

風が強いので、海に入って泳ぐということはできませんでしたが、砂浜や浅瀬の

ところを歩いて楽しみました。親子が遊んでいたのが印象的です。台湾では

あまり海で泳ぐ、ということをしないそうです。台湾の友人が言っていました。

 

海のあとはお腹が空いたので、朝ごはんを食べに新竹の工業地帯に。

友人はこの地区にある工場で働いているそうです。勤勉で真面目な子です。

彼女と会うといつも自分の怠惰さに情けなくなってきます。ま、それは置いておいて、

その工業地帯の一角にあるご飯やさん街で朝ごはんを取りました。

台湾風おにぎりというものを食べました。しかし、実際はご飯でおかずを巻いたような

もので、ビニール袋の中に入ったあっつあつのご飯に苦戦しました。台湾のお米は

日本のそれと少し違うようで、少しお米が長く、固かったです。

 

朝ごはんのあとは、カルフールに行きました。大型スーパーマーケットとのことで、買い物をしたい気持ちはあったのですが、いかんせん原付きに載せられる荷物に限りがありましたのでおみやげ用のピータンと晩酌用のピータンを買いました。ここから「あれ?」って思い始めたのですが、アベンジャーズのグッズがどこにもたくさんおいていました。こうやってアメコミが巷にあふれているというのはアメコミ好きからすると嬉しいですね。でもキャラクターはアベンジャーズ+スパイディくらいしかありませんでした。バットマンとかデッドプールのグッズがなかったのが残念です。あれば飛びついていましたが、ということは??デッドプールの映画が公開されるときには台湾にグッズがあふれているということか。。。閑話休題

 

さて、そのあとは友人のオススメのコーヒーショップに行きました。

台湾で売っているコーヒーはなんでもかんでも糞糞に砂糖が効いているので甘いです。

やっぱりここも甘いのかな−なんて思っていましたが、友人が気を利かせてくれてミルクが入っただけの甘くないアイスコーヒーを飲みました。原付きの後ろに乗っているのは楽しいですが、結構疲れるので、ここでほっと一息を入れられてとても良かったです。

 

コーヒーショップをあとにして、お寺に向かいました。

なんというお寺なのか、どんな歴史があるのか全くわかりませんでしたがよかったです。しかしいざ境内に入ろうとすると友人が「結婚していない女性は中に入れません」と言いました。なんだか未婚の男性の霊を祀っているところだそうで、未婚の女性が入ると幽霊に取り憑かれちゃうということでした。へー、そんなのあるんだな。と少し感心しました。ここは公園的な要素もあって、お寺なのにバスケットコートがあったり、休憩所があったり、昔は遊園地もあったそうで、その名残りがあったりと不思議な空間でした。