体重が落ちてきた

糖質制限を始めて4ヶ月が経つ。

8月まで体重が落ちなかった(増えもしないが落ちもしない)が、8月に入ってから徐々に落ちるようになってきた。違いはお酒。酒を飲んでいるか飲んでいないかの違いだ。やはり酒は太るのだろうか。酒単体よりも一緒に食べるおつまみがネックだったか。たしかにおつまみを食べた後に夕飯を別に食べていたので(もちろん糖質制限食)ではあるが、これが悪かったのだろう。今はお酒を飲まず、奥さんが作る料理だけを食べているので体重が落ちてきているのだろうと思う。たしかに糖質制限するからってたくさん食べてもいいとは言われなかった。糖質意外は何食べてもいいとは言われたけれども。そういう意味では晩酌のおともは夕飯であるべきなのだ。しかし、それが難しいのでお酒はやめることにした。お酒をやめるのも心臓に悪いからという理由が先行しているのだが、それに加えて酒を飲んでもいいことがないことに自覚したのでやめることにする。酒を飲んでも飲まなくてもファニーな私に変わりはないのですよ。

で、先日の手術の失敗で私の体は改善の一途をたどっているわけだが、やはり体がよくなってくると前回の手術の失敗は果たして予見でき得なかったものなのかという疑念が湧いてくる。プロが集まってCTやレントゲン撮っているだからなんとかわかったんだろうなと思う。心臓をいらうなんてだいそれたことをするんだ、相手にもそれ相応の覚悟と準備を持ってほしかった。相手はプロでこちらは素人だけに何が正しいなんて判断できないし、時間をかけないほうがいいのであればすぐに手術をしたい。その早まった判断のおかげで私は死にかけたし、はっきり言って無駄なお金を使ってしまったのだ。加えて超節制をしなさいなんて30代で言われる始末。うーん、なんだか納得いかない。動脈硬化がひどすぎたなんて言われているが果たして本当にそうなのだろうか。。。