酒癖が悪くて、お酒を飲むのを辞めていると、私のその酒癖の悪さを酒を飲みながら見るのが、絡むのが楽しいという人たちから残念だなーなんて声を聞く。それなら、少し解除して、彼女さんの許可も取ってお酒を飲むと酒癖が悪く楽しい人間が出来上がり、周りを楽しませる存在になる。しかし、その楽しませた人間であろう私は本来の私なのかどうか定かではなく、大体お酒を非常に飲まない時間が長すぎたので、簡単に酔ってしまい、記憶が無くなることがしばしばで記憶が無くなると前夜に何をしたか全く覚えていなく、全くは言いすぎたが、全体の後半4分の1について記憶がない。ここで、やってはいけないーと強く念じていたLINEの無差別ウザ絡みや電話攻撃などをしていたのであろうなーということが、履歴やLINEのトークを見て理解できるのである。非常に後悔する。とはいえ、毎度一線を超えるようなことはなく、大災難には陥っていないのが不幸中の幸いか。いや、一度や二度はそれで振られたりもしたな、災難は遭ったか。