職場の悩みとは簡単には癒えないもので、かつ一つの悩みが過ぎれば違う悩みがやってくるといういつまで経っても解決しない問題ばかりだ。しかし、今回はその悩みを共有できる人がまわりにたくさんいることだ。ほんとそればかりが有り難い。自分が間違っている感覚を背負わないでいい分楽である。しかし、そのサポートばかりに頼ってばかりもいられない。排除に向けた着実な努力を積み重ねていかないと、暇ではないのだ、私は。