台湾旅行1日目

さて、1日目のまとめです。

いや、まだ終わっていないんですが、備忘録も兼ねて端的にまとめます。

 

ます、1人でもなんとかなります。

別に周りの人たちが親日家ばかりで優しく教えてくれるっていうことではなく、

英語標記を駆使すればなんとか目的地にはたどり着けます。あと、タクシーなんかも

指差し会話(会話になっていないけれども)を使えばなんとかなります。

あと、スマホのカメラ機能を使って、メニューを写真で撮影しそれを指さしで

示す、といったことも有効でした。今回はこいつで幾つかの食事を切り抜けました

(決して3食ではない)。

 

で、街のイメージ。

台北はやはり首都だけあってワイワイガヤガヤしていて楽しい。

人の会話を聞くだけでも全然楽しめる。また、交通は悠遊カードという便利な

プリペイドカードを使えばほとんど対応できる。切符を毎回買う必要がない。

次回の旅に備えて、私すでに多めに入金してしまいました笑。

 

新竹市、ここは難問。何が難問かというと高鉄の駅「新竹」がメインの場所では

ないということ、そしてその新竹から別の鉄道に乗換えて向かう「新竹」は、その

電車の本数が1時間に1本しかないというのが難点。タイミングを間違うととても

ひどい目に遭う。というか遭った。次回は気をつけよう、と思うが多分もう来ない

だろう。明日の観光次第では見尽くした感がでるかもしれない。そのときは

もう来ません。

 

で、今日泊まったホテル。ここは完全にラブホテルでした。

ラブホに宿泊したことなかったので良い経験をしました。

いや、決して回転ベッドがあったり、エッチな道具が揃っているという場所では

なかったのですが、ゴム的なものがいたるところに配備されているのには驚き

ました。言っときますが、私はそんな目的で台湾に来ているわけではないです。

たまたまのたまたまでこんなことになりました。ま、いいです。

 

と1日目はこんな感じです。

やはり食べ物は美味しかったです。これから新竹の夜市にくりだして、新竹名物の

ビーフンを堪能したいと思います。あとは何と言っても台湾ビールですね。

これはめちゃめちゃうまい、本当に大好きです。