今日は奥さんが実家に帰ったので独りで寂しく過ごしています。

独りでいるのは苦手なんだけれども最近は「孤独を楽しむ」みたいな本を読んでなんとか自分の気持ちの沈みを抑えている次第です。

なんで独りでいるのが嫌なのか、そういえば音のない世界も大嫌いで、昔はテレビをつけっぱなしでいたのが、テレビを見なくなってからはYouTubeを四六時中再生しているわけです。

音に敏感なのはどうやらそのようで、夜寝るときもエアコンの音がうるさくて中々寝付けないということがあります。そもそも奥さんは寒がりでかつエアコンの風量も常に最大でないといけない人なのでその音はうるさくてたまにイラッとしてしまいます。

とはいえ、夫婦関係ってそんなもんでお互いに気遣いすぎてもいけないわけでね。なんとかうまいことやっていますよ、現在は。

かわいい後輩ちゃんなんだが、どうにも真面目すぎるのかミスをすると途端に落ち込んでしまうんだよね。彼女に今必要なのは成功体験であって、失敗は避けたいんだけどね。そう思って行動を促しているのに、今回は自分一人の判断でやっちまったらしくてこれはどうしたもんか。一人でできるなら最初から一人でやらせてるよと思うがね。ま、辛抱して見守るしかないね。

後輩に寄せすぎた想いが重いのではと思う。で、ついに昨日爆発しちゃったが、いかんせん妻帯者の暴走ということで私が悪いわけだ。しかし、自分が悪いとわかっていても止められないのだから人間というものは恐ろしいなと思うんだ。私が言ってもしゃーないけれど。相手にも迷惑かけるし、ここは一線から身を引くのがよいのだろうけれど。その一線はこれから始まるんだよねー。あーやだやだ。

糖質制限で半年くらいたつか

糖質制限を初めて半年くらいが経つ。4月からはじめて10月だからほんと半年だね。適当に言ってみるものだよ。スタートは85キロからだろうか。痩せるなと思ったが、81キロくらいでとまって全然痩せなかった。何が原因なんだろうと思っていたが、どうやら酢キャベツだったようで(キャベツの糖質が原因??)、毎日食べていた酢キャベツを止めるとまた痩せるようになった。で、今は72キロ台を維持している。ということは10数キロ痩せたのか。それにしてもあまり痩せた感じはしないな。半年で10数キロなら驚くレベルではないかな。とはいえ、夕食はしっかり食べているし、糖質制限に加えて運動もしっかりできているので、栄養が足りてない感じもしない。いい感じだ。ただし、ホメオスタシスはどうにも避けられず、これまで2回あったが、1回は入院中の食事で突破し、2回めはどうやら朝食をしっかり食べることを止めてプロテインに置き換えたことで突破したようだ。ということはプロテインから普通に食事を摂ることに戻したら体重戻ってしまうのかなとドキドキしているが、どうなんだろう。今は良い感じに体重が落ちているのであまり変なことをして体重が戻ることはしたくない。ので、プロテインはしばらく続けます。朝ウォーキングも楽になってきたし、習慣化できているなと感じる。目標は65キロなんだが、72キロからまた減らなくなってきたよと悩んでいる。うーん、やはり食事の量を減らさないといけないのだろうか、それとも筋トレをしないといけないかなー。筋トレあんまり好きじゃないんだよなー、地味だから。

 

六甲ミーツアートに三年連続で行ってきた。

f:id:hidenem:20181014233538j:imagef:id:hidenem:20181014233626j:image
f:id:hidenem:20181014233636j:image

f:id:hidenem:20181014233634j:image
f:id:hidenem:20181014233639j:image
f:id:hidenem:20181014233629j:image
f:id:hidenem:20181014233621j:image
f:id:hidenem:20181014233619j:image

三年連続で六甲ミーツアートに行ってきた。夫婦二人で始めて行ったイベントがこれだったのかもしれない。そう考えると出会って三年が経つのか。。。という感慨がある。

今年のアート作品は自分の中にそれほどインパクトがなかったなというのが正直なところ。やはり、チラシにもなっている木でできた猫ちゃんが一番よかったなという印象しかない。他の作品はあまり響かなかったな。今年の楽しみは未来郵便局で出した手紙だ。来年の自分に届くようだ。届いた頃には色々と変わっているんだろうな。ほんと楽しみ。

 

お腹が空いたので集中力をそらすために日記をぽちぽちと打つ。さて、最近はポジティブな思考を持とうと必死になっており、それが良い方向に働いていると思う。

ダイラケの面白さに気づく。

中田ダイマル・ラケットですね。

テンポが早い。当時であればかなり早い漫才ではないのかな。今でこそこれくらいの速さの漫才は通用しているが、、、とはいえ、この時代も売れていたコンビなので、疑いようもなく通用していたのだろう。どちらも喋りがうまい。海原千里万里とはここが違うのだろう。。。